中学入試の時事問題、2020年は何が出る?2019年の傾向を朝日学生新聞社が発表

中学受験の時事問題対策

中学受験まで残すところ半年、「そろそろ時事問題の対応も考えなくては」と思っているご両親も多いのではないでしょうか。

「朝日小学生新聞」などを刊行する朝日学生新聞社は2019年6月4日(火)、「2019年度 中学入試の時事問題の分析結果」を発表しました。

2019年度の国立・私立中学約70校の入試問題を分析し、時事問題の出題内容を調査したそうです。

こんなものが出題されるのか!と、とても参考になったので、その一部をご紹介します。

 

2019年時事問題 > よく取り上げられたテーマ大枠

社会関連
  • 世界遺産
  • 首脳会談
  • サッカーワールドカップ
  • 領土問題

日本国内で世界遺産登録が決まったということで、世界遺産が話題にあがるのは納得。

首脳会談は、「米朝首脳会談」を受けてのことだそう。日本国内問わず、世界情勢が出題されるのですね。

 

理科関連
  • 台風のしくみ
  • 探査機「はやぶさ2」

天災の多い一年だったので、台風について被害だけでなく、その仕組まで問われました。

 

2019年度 時事問題出題の詳細

世界遺産

長崎県、熊本県の「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」がユネスコの世界文化遺産に登録されることが決まったため、日本全土の世界遺産に関して幅広く出題されています。

中学受験 : 日本の世界遺産

  • 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」についての説明を選択させる
  • 構成資産がある都道府県の組み合わせ「長崎 県・熊本県」を選ばせ、構成資産の一つ「大浦天主堂」 も記述させる
  • 九州・沖縄地方にある世界遺産の登録件数を問う
  • 東京都に属する自然遺産を答えさせる

登録されたという事実を覚えておくだけでは足りないんですね。これは大変!

 

首脳会談

米トランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による初めての米朝首脳会談を受けて、朝鮮情勢に関連する話題が出題されています。

  • 初めて米朝首脳会談が開催された国を答えさせる
  • 金委員長と韓国大統領による南北首脳会談がおこなわれた場所を答えさせる
  • 南北首脳会談について金委員長と文大統領が並ぶ写真を選ばせ、その議題「非核化」について問う

 

スポーツ

2018年6〜7月にかけてロシアで開催された、サッカーワールドカップ(W杯)に関連した問題が頻出されました。五輪をテーマにした問題も。

  • ロシアや、日本代表が対戦した各国と日本とのかかわりを問う
  • 2020年の東京五輪・パラリンピックに向けたプロジェクト(メダルをつくるために使わなくなった携帯電話やパソコンなどを回収する取り組み)について問う
  • 近代オリンピックについての説明で正しいものを選択させる

 

気象・宇宙

平成30年7月豪雨と台風第21号による暴風・高潮など、大きな自然災害が印象的だった2018年。気象関連の出題が目立ちました。

また、宇宙の話題としては「はやぶさ2」が小惑星「りゅうぐう」の上空に到着したことも大きなトピックとなりました。

  • 台風のもととな る雲として「積乱(雲)」を記述させる
  • 上陸した台風が急速におとろえる理由を選択させる
  • はやぶさ2が探査する小惑星の名称を問う
  • 過去の自然災害の記録などから、その地域で災害が発生したときの被害を予想して地図にした「ハザードマップ」を記述させる
  • 台風が最も多く発生する場所や発生しやすい理由を問う
  • 台風を上空からみたときの地上付近 での風の吹き方を問う

 




 

2020年度中学受験で出題が予想される時事問題

世界遺産

「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」(大阪府)が、日本23個目の世界遺産に認定される可能性があります。2019年6月末〜7月にかけて決定する見通しです。

2019年同様、日本の世界遺産全体について把握しておきたいです。

 

外交

大阪市で2019年6月28日、29日に開催される主要20カ国・地域首脳会議「G20 サミット」について、議題や決定内容は注目したいところです。

 

経済

2019年10月から消費税が10%に値上げされます。増税に伴う社会への影響、消費税の意味などについて理解が求められます。

 

選挙

統一地方選挙、参議院議員選挙が行われる2019。それぞれの選挙の主題や、選挙方法について復習しておきましょう。

 

スポーツ

2020年東京オリンピック・パラリンピック、2019年ラグビーワールドカップなどが注目です。

 

宇宙

2019年2月、「はやぶさ2」が小惑星「りゅうぐう」の地表に無事着陸しました。その後どのような観測をしているのか、動向を注視したいところ。

2019年末には「りゅうぐう」を離れ、地球への帰還を目指します。

 

改元

2019年の一大イベントと言えば「令和」への改元。令和の出典となった「万葉集」や、名称に元号が用いられている歴史上の出来事(大化の改新、承久の乱など)に注目です。

あわせて、日本国憲法における天皇の規定(象徴天皇であること、天皇の国事行為は何か)などもおさえておく必要がありそうです。

 

 

本文参考 : 朝日学生新聞社プレスリリース

 




 

 

中学受験の時事問題対策

新聞の購読

我が家は6年生になった時から「読売KODOMO新聞」を購読しています。

月額540円で、週に1回、小さめ&20ページの新聞が届きます。

カラーで写真も多く、タイトルと写真を眺めるだけで概要をつかめる子供仕様。

 

一週間のトピックが簡単にまとめられている他、子供が興味を持ちそうな「ネタ」もあります。

スポーツや動物、ゲーム、イベントなど、幅広い内容です。

宣伝ぽいものもありますが、それも含めて子供は楽しんでいます。

 

ただし!本人に任せていると、時事ネタ以外の場所だけ流し読みして終了している気配^^;

身についているかと言うと、怪しいです。

 

これから受験までの期間、一緒に読んで、内容についてディスカッションすることで理解を深めていきたいところ・・・

キュウ

新聞を買い与えただけで満足せず、結局親の努力も必要になりそうです。

 

他にも朝日学生新聞社、毎日小学生新聞が有名ですね。

朝日小学生新聞はデイリー8ページで月額1,769円、毎日小学生新聞はデイリー8〜12ページで月額1,580円(2019年6月現在)。

 

 

書籍の購入

毎年11月頃になると、各塾が時事問題を特集した本を発売します。

新聞を大事なところだけ切り抜いて・・・というのはかなりの手間なので、最終的には書籍に頼りそうです。

 

2020年入試用の販売が開始されましたね!

娘は四谷大塚ですが、配られることは特になく、自費購入だそうです。早速注文しました。

 

四谷大塚

 

サピックス

 

 

日能研

 

栄光ゼミナール