【クチコミ】勝どきのパン屋「グーテ・ルブレ」は品数豊富!

クチコミ グーテ・ルブレ

大江戸線沿線の勝どき駅周辺にはパン屋さんがいくつかありますが、その中でも商品数が多くお手頃価格が嬉しい「グーテ・ルブレ」をご紹介します。

キュウ

品数豊富で何度行っても飽きません!

 

石窯パン工房「グーテ・ルブレ」勝どき店の概要

グーテ・ルブレはココスナカムラグループが運営する本格パン屋さん。

本場スペイン製の石窯で焼き上げた、天然酵母使用の多種多様のパンを販売しています。

店舗情報
  • 住所 :
    〒104-0054
    東京都中央区勝どき3-3-18(千賀ビル)
  • 電話番号 :
    03-5547-5121
  • 営業時間 :
    7:00〜20:00
  • 定休日 :
    年末年始

都営大江戸線「勝どき駅」から徒歩3~4分程に位置しています。

 

駐車場スペースが3台分あります。

勝どき近辺では駐車場付きの飲食店は殆どないので、ありがたいですね!

グーテ・ルブレ外観

オープンテラスのカフェスペースが2つ。

お子様連れやペット連れの方がよく利用しています。

 

また店内にもカフェスペースが。

こちらは2人がけのテーブルが6個ぐらい。

平日朝はサラリーマンが出勤前に、お昼時は小さなお子様連れのママが、休日は朝から夕方までファミリーが利用しています。

 




 

 

「グーテ・ルブレ」勝どき店 店内の様子とパンのラインナップ

入り口に近いサンド類です。

インスタ映えしそうな具だくさんサンドイッチから、焼きそばパン、エビカツサンドなどお昼ご飯にぴったりのラインナップです。

冷蔵ゾーンなので、シュークリームやクリームを挟んだメロンパンもここに。

グーテ・ルブレ サンド類

 

 

冷蔵ゾーンの正面のテーブルにもサンド類が。

白身魚フライバーがやチキンタツタサンドが定番。この日は見当たらなかったのですが、ハンバーガーがジューシーでとても美味しいです!

奥には季節の商品や、甘系パンが。

グーテ・ルブレ特製サンドイッチ

 

 

さらに進むと、揚げパンコーナーです。

カレーパンや、懐かしのきなこ揚げパン、あんドーナツやチュロスが並びます。

写真手前のたこボールは、超大型のたこ焼き!もちもちしていて、やみつきになります。

グーテ・ルブレ勝どき揚げパンコーナー

「カレーボンバ」という半熟卵がまるごと1個入った揚げカレードーナツもオススメ。

食べる時に半熟卵がたら〜りと出てくるので、お皿を用意して食べましょう!

 

 

そしてこちらがメインテーブル。

お食事系の卵やベーコン、ウィンナー、チーズを使ったパンから、ピザ、ベーグル、メロンパン、あんぱん、クロワッサン、くるみパンと、大抵のパンがあると言っても過言ではありません。

人気No.1と書かれているチーズフランスは、驚くほどたっぷりチーズが入っています。

グーテ・ルブレ勝どきメインテーブル

 

おすすめはこちらのイチジクとクリームチーズのプチパン。

甘じょっぱくて、適度な噛みごたえでお腹も膨れます。

いちじくとクリームチーズのプチパン

 

 

ハード系のお食事パンも。

グーテ・ルブレ勝どきハード系パン

 

 

石窯カレーパンはぜひ食べて頂きたいパンの1つです。

全国カレーパン協会のカレーパン博覧会で金賞を受賞したんだとか。

いわゆる揚げタイプのカレーパンではなく、焼きタイプのカレーパンが特徴。

グーテ・ルブレ勝どきのカレーパン

表面にはパイ生地が使われていてサクサク、中はスパイスが独特な少し辛めのカレーです。

あの有名な、銀座デリーのカレーだそうですよ。

 

お子様は甘口カレーパン、大人の方はカレーボンバか石窯カレーパンを食べてみて下さい。

 

 

最後に食パン・ロールパン・コッペパンゾーンです。

厚みや風味違いの複数の種類の食パンが並びます。

グーテ・ルブレ勝どき食パン

私のおすすめは、「ブリオッシュティファニー」です。

ものすごく「リッチ」で、甘め。

何も付けずに「おやつ」のように食べられます。

個人的にはトーストしないほうが好きです。

 

 

グーテ・ルブレが大好きで、10回以上は訪れました。

キュウ

グーテ・ルブレは、本格ハード系パン好きさんも、惣菜パン好きさんも、甘いパン好きさんも楽しめるパン屋さんです!

 

グーテ・ルブレには他にも、台東区の「入谷店」と足立区の「梅島店」があります。

ラインナップは勝どきと同様のようです。