東京都の「公立中校一貫校」って? 私が感じた「私立中高一貫校」との違い

公立中高一貫校と私立中高一貫校の違い

昨日、はじめて「公立中高一貫校」の見学に行ってきました。

6年生の7月になって初とは、遅すぎですよね笑

 

実は「公立中高一貫校」の存在を知ったのは半年ほど前、同僚のお子さんが「都立」一本に絞った受験をしたと伺ったからです。

また、塾の先生から「都立も視野に入れてみては?」と6年の頭にお話を頂きました。

読書好きの娘は、4科の中では比較的「国語」が得意で、記述問題も苦にならないため、「都立の受験様式に向いているかも」とのことでした。

 

とは言え、公立で一貫校って何者?と、はてなマークだったので、改めて公立中高一貫校について調べたことをまとめてみました。

また、今回説明会に行って私自身が感じた「私立中高一貫校」との違いについてお話します。

 

 

東京都における「公立中高一貫校」の魅力

公立中高一貫校と私立中高一貫校

東京都には、国立、都立、区立の中高一貫校があり、まとめて「公立中高一貫校」と言われています。
※ここでは、中学入学時に「受験」が必要な学校のお話です。

基本「都立」だと思っていたので、お恥ずかしい笑

 

私立一貫校と同じく高校受験が無く、落ち着いた環境で6年間過ごせること、それに伴う進学実績もさることながら、その魅力は学費の安さですよね。

 

人気→偏差値が上がるのも納得です。

母子家庭の我が家、もしも娘が都立で中高6年間過ごしてくれたら・・・想像しただけで浮足立ちます笑

 

 

公立(国立・都立)中高一貫中学と私立中学の違い

入試内容

公立中高一貫校 私立一貫校
入試は「適性検査」と呼ばれる。

出題範囲は、小学校の学習範囲のみ。

与えられた文章を読み取り、知識を活用して論理的表現するに「考える力」が必要とされる。

算国理社4科目の「学力」を見極める問題。

小学校の学習範囲を超えて出題されることが特徴で、知識の量にあわせて、その知識を応用させて正答を導く「考える力」が問われる。

 

娘が通っている四谷大塚では、基本は私立中学を目指した勉強を続け、公立中高一貫校を受けると決めた場合、6年生の9月以降に特別対策講座を受けることになります。

特別対策講座は、公立中高一貫校対策といえども、作文能力や読み解き能力など私立中学入試にも役立つ技量を得られるため、受けてみても良いかも知れません。

 

 

特色

私立は、学校ごとに自由な校風と教育方針をもっています。

教科書や学習内容も先生が独自に決定するため、進度も早いことから大学入試に優位と言われています。

部活動もユニークで、設備も充実していることが多いため、子供から見た魅力もたくさん。

先生の異動がなく、学び環境が安定しているのも特徴です。

 

公立は、子供の個性を重視する理念をもつ学校が多いとも言われ、私立同様「6年間一貫した教育プログラム」を受けられます。

あくまで「公立」なので、教科書などは決められたものを使用します。

教師は公務員なので、異動を伴います。

 

また、公立中高一貫校の試験日は2月3日一択なので、併願することができません。

どこを志望するか、しっかり決める必要がありますね。

 

学費

公立中高一貫校の学費

私立中高一貫校と比較して、公立中高一貫校の学費は圧倒的に「安い」です。

6年間トータルで見ると、その差は見過ごせません。

 

中学校は義務教育なので、公立中学校は授業料は無料

一般的に、授業料を含め中学校3年間で

  • 公立中学校 : 約40万円程度
  • 私立中学校 : 約280~300万円

と言われています。

 

実際に訪問した学校では以下のような費用があげられていました。

【一例】

学年 教材費 学校行事日 給食費 合計
1年 63,810 153,200 56,440 273,450
2年 40,280 165,200 56,440 261.920
3年 56,110 34,200 56,440 146,750
3年間合計 160,200 352,600 169,320 682,120

※この学校では、学校行事費のうち海外研修積立金が3年間合計で280,000円です。

これを抜くと約400,000円。

普通の公立中学でも修学旅行費など徴収されると思うので、一般的な公立中学と一緒ですね。

 

別途制服代が必要なので、3年間では70万円強かかるのではないでしょうか。

私立中学の1/4程度ということになります。

 

 

公立(都立・国立)中高一貫校の難易度は?

四谷大塚の偏差値表を見ると、国立・都立中学の偏差値は「高い」です!

一定以上のレベルを考えると、最難関校&難関校の枠組みに入ります

四谷大塚
80偏差値
学校名 運営 男女
(男)73 筑波大学附属駒場中学校 国立 男子校
(男)66 (女)69 筑波大学附属中学校 国立 共学
(男)66 (女)66 小石川中等教育学校 都立 共学
(男)50 (女)68 お茶の水女子大学附属中学校 国立 共学
(男)60 (女)62 両国高等学校附属中学校 都立 共学
(男)61 (女)64 武蔵高等学校附属中学校 都立 共学
(男)60 (女)62 桜修館中等教育学校 都立 共学
(男)58 (女)60 千代田区立九段中等教育学校 区立 共学
(男)57 (女)59 立川国際中等教育学校 都立 共学
(男)60 (女)60 大泉高等学校附属中学校 都立 共学
(男)58 (女)60 南多摩中等教育学校 都立 共学
(男)58 (女)58 東京学芸大附属竹早中学校 国立 共学
(男)57 (女)59 白鴎高等学校附属中学校 都立 共学
(男)58 (女)58 三鷹中等教育学校 都立 共学
(男)60 (女)62 東京学芸大学附属世田谷中学校 国立 共学
(男)57 (女)59 富士高等学校附属中学校 都立 共学
(男)54 (女)56 東京学芸大学附属小金井中学校 国立 共学
(男) 49(女)51 東京大学教育学部附属中等教育学校 国立 共学
(男)- (女)- 東京学芸大学附属国際中等教育学校 国立 共学

※2019入試結果による四谷大塚80偏差値

 

偏差値としてみると高い!と思いますが、入試問題の形式が私立中学とは異なるので一概には比較できません。

基礎学力があれば、のぞみはある!と塾の先生はおっしゃっていました。

 




 

 

公立一貫中学を見学に行って私が感じたこと

中学学校見学

昨日、娘と見学に行ったのは、区立一貫中学です。

思っていたより校舎はキレイでした。

これは嬉しい誤算。

女子校は古くても清潔感がある学校が多かったので、共学どうなの?と心配していましたが、今通っている公立小学校と同程度。

 

設備は、最新鋭という感じではないですが、通ってしまえば何の問題もないでしょう。

そこを売りにしているわけではないので問題ありません。

娘は図書室が「ショボい」とブーブー言っていましたが笑

 

一番感じたのは、先生に「〇〇校生への想い」が感じられないことでした

私立女子校を見学に行くと、どの学校の先生のお話を聞いても、「〇〇校生らしさ」や「〇〇生として、こう成長して欲しい」というお話があります。

特に女子校だからかもしれませんが、女性が活躍する場にどんどん出ていこう!という意欲、勉強面だけでなく、生きていく力を身に着けさせたいという思いが感じられます。

目指す場所にさほど違いはないので、どの学校を見ても同じようだと言ってしまえばそれまでですが、先生の「学校、自身の校生に対する愛」を感じるんですよね。

 

昨日の区立中説明会では、学習方針や学校の理念に関するお話はあるものの、先生に「自分の学校」という強い思いは伝わってきませんでした。

先生が数年で変わっていくのが理由でしょうか。

校長先生も着任して間もないそうですが、△△中学にいた頃は、□□高校にいた頃は、というお話をされていて、他の学校と比較されても^^; と感じてしまいました。

 

自分自身が私立中高一貫校出身なため、違和感を感じただけかも知れません。

 

とはいえ、公立中高一貫中学には定評があります。

勉強面において細やかな配慮を配ってもらえることに加え、海外体験も豊富で魅力的です。

 

何のために中高一貫校に行かせたいのか?というスタートに立ち戻ると

  • 高校入試がない状態で穏やかで楽しい6年間を過ごして欲しい
  • 部活などで新たな交友関係を築いて欲しい
  • 将来好きなことを学べるように、大学進学の選択肢が広がるような中高に行って欲しい

です。

 

自分が歩んできた「女子中高一貫校」に安心感があり、贔屓目で見てしまいがちですが、一度立ち返ると、公立も1つの選択肢として良いと思えてきます。

学費面と総合的に考えると、公立中高一貫校はやっぱり魅力的!

 

最終的には子供の希望が第1ですが、来週もう一つ都立中学見に行ってみようと思います。