小学生娘に生理のコトどう伝える?子供が読めるオススメの本があった!

小学生 生理の教え方

もうすぐ6年生になる娘に、サニタリーポーチを作りました。

華奢で小柄な娘なので、生理になるのはまだ先のことかもしれませんが、「御守り」代わりにランドセルにしのばせておいて欲しいなと思ったからです。

 

  • なんと言って渡そうか?
  • どこまで詳しく説明するべき?
  • せっかくの機会だから女性の体の変化についても話しておきたい

 

思春期間近の女の子と、生理についてどう向き合ったかをお話します。

 

学校ではどこまで教えてくれる?

小学校の教室風景画像

小学校の授業で、どの程度身体の発達についての話があるのか娘に聞いてみました。

 

5年生の臨海学校(宿泊行事)の前に、女の子が一同に集められ、生理用品のサンプルを配られました。娘いわく「配られただけ」とのこと笑

説明が無かったのか、娘が聞いていなかったのかは分かりません。

 

保健の授業は、担任の先生からクラス全員に向けて行われ、生物学的な説明に留まっているようです。

思い出してみると、私の時代も同じでしたね^^;

 

そんな娘ですが、自分にもいつか「生理が来る」ということは理解しているようです。

体の大きな同級生も多いので、既に生理が始まっているお友達もいるでしょう。

 

毎月、血が出るんでしょ?

 

生理の時にナプキンが必要なことは分かっていますが、ナプキンを広げて見たことはないとのこと。

まずはナプキンを見せて、具体的な使い方を教えるところからですね!

 

 

自分は親から教わった?

母娘親子関係イメージ

遠い遠い昔、自分はどうやって生理のこと、身体のことを知ったかな?と思い返してみました。

 

  • 保健の授業で生理の存在は知っていた
  • 事前に親にナプキンを持たせもらった記憶はない
  • 小恥ずかしくて、親と性について話したことはない

 

生理になったことを母親に伝えると、ナプキンの場所を教えてくれて、家のトイレにサニタリーボックスが設置されました。

 

以上!

 

思春期も重なり、身体の成長について親と話す機会は無く、実に淡白(笑)

もちろんお赤飯もなしです。

 

ショーツを汚した時は、どうしてよいか分からず隠れて洗っていました。

パジャマやシーツを汚した時はひどい罪悪感。父や兄にばれないように母に伝えるのに苦労した記憶があります。

 

こんな経験から、

  • 生理になった時どうすればよいか
  • ショーツや服に経血が付くことは普通だし、問題ない

ということを娘には事前に話しておきたいと思ったのです。

 

 

また、私が中高生の頃は、まだインターネットを個人で使う時代では無かったので、過度な情報が入ってくる機会はありませんでした。

 

今の時代だからこそ、性について注意してほしいことを親から伝える必要がありますよね。

 

でも実際、何を話せばよいのか分からない!

そこで、性については本の力を借りることにしました

 




 

小学校高学年の娘へ、生理について伝え方・教え方

サニタリーポーチ(ナプキンポーチ)をプレゼント

ちょっとTV消して〜!プレゼントとお話があるの

 

なになに?! 良いもの〜?

 

まずは、ポーチをプレゼント。

ハンドメイドナプキンポーチ

 

超かわいい! 何入れるの?

 

娘ちゃんも6年生になるから、そろそろ生理用品をいつもランドセルに入れておいてほしいと思って、ナプキンポーチを作ったよ。

 

なるほどね(苦笑

 

どんな反応かと親としてはドキドキしていましたが、妙に納得している様子でした。

 

 

ナプキンの使い方を説明

せっかくだから、ひとつナプキン開けて見よう!

個包装を開けて、ショーツに貼り付けて見せました。

貼り付け方、捨て方などを教えると、少し興味が出てきた様子。

 

毎回、血がついてから付けるの?

 

最初のうちは量が少ないから、違和感を感じた後すぐにトイレに行ってナプキンを付ければ大丈夫!ショーツが汚れても落ちるから問題ないよ。

 

なんか怖いねぇ。

 

高校生ぐらいになると、生理周期が安定したり、自分で体調の変化に気付けるようになるから、そろそろ生理が来るかも?と思ったら事前にナプキンをつけておくかな。

 

いつ生理になるか分からないから鞄に入れておくと良いんだね。

 

生理用品には様々な形や種類があるから、どれが自分に合うか色々なメーカーのナプキンを試してみようね!ということも伝えました。

 

 

汚しても大丈夫!

ショーツや服、シーツに血が付くことはママもたまにあるから、なるべく早く洗えば問題ないよ。ちょっとなら自分で洗面所で洗ってもよいし、大変な時はママに教えてくれたら洗うの手伝うね。

 

鼻血と一緒だね!

 

娘はよく鼻血を出すので、血を落とすスーパー洗剤の威力を知っています笑

created by Rinker
¥265 (2019/08/23 13:50:01時点 楽天市場調べ-詳細)

 

分からないこと、困ったことがあったら、その時に聞いてくれたらママ嬉しいよ!

一通り「生理が来たらどうすれば良いか」ということは伝えられたと思います。

 

なぜ女性は生理になるのか、身体はどう成長していくのかについては、サニタリーポーチと一緒に小学生にも読みやすい本をプレゼントしました。

 




女の子が読む「心と身体の発育について」オススメの本はコレ!

 

子供が読める&子供目線の発育に関する本があるんですね!

助産師の「やまがたてるえ」さんが書かれた本です。

 

漫画なので読みやすく、娘は30分ぐらいで一読していましたよ。

 

「13歳までに伝えたい女の子の心と体のこと」内容・レビュー

以下の4つの構成でストーリーが進みます。

  1. 生理のこと
  2. 女の子の心と体の成長のこと
  3. 男の子の心と体の成長のこと、女の子のとの違い
  4. 子供ができる仕組み、感染や避妊について

 

1. 生理のこと

小学生の運動風景

私自身が、子供のころに知りたかった!という内容が満載。

今回娘に話したことに加え、「生理の仕組み」「生理との付き合い方」がより分かりやすく、ストーリー仕立てで解説されています。

 

ナプキンの捨て方マナーや、生理痛を和らげる体操など、予め知識として知っておくだけで心強いですよね。

 

また、子供が気になりそうなQAも掲載されています。

  • お風呂に入っても良いの?
  • 体育/プールの授業は見学したほうが良いの?
  • ニオイは気にならない?

 

思春期に突入するに従って、聞き難くなる話。

疑問に思った時に、読み返して確認できる「バイブル」があるというのは子供にとっても安心だと思います

 

2. 女の子の心と体の成長のこと

女の子の成長イメージ画像

身体の成長とともに心も成長し、無性にイライラしたり、親を避けたりする年頃。

そんな思春期の気持ちに対して、成長段階として「自然のこと」だから自分を責める必要はないよというメッセージが書かれています。

 

目に見えることばかり伝えがちですが、本当にケアする必要があるのは子供の内面

思春期特有の感情、自分も通ってきた道のはずなのに忘れがちです。

あの頃、こんな風に悩んだり考えたりしていたなぁと、当時の気持ちを思い出させてくれる本。

お母さんにもぜひ読んで頂きたいです!

 

 

面白かったというのは語弊がありますが、「ムダ毛のお手入れ方法」という項目もあります。

まさに学校では教えてくれないこと笑!

女子必読ですよね。

 

 

3. 男の子の心と体の成長のこと、女の子との違い

「男の子の成長」について話そうという発想すら湧かなかった…というか、経験したことがないので私からは話せない内容。

 

この章に関しては、小学生の女の子にこんなことまで?!と賛否両論別れる気がします。

実際に子供にこの本を読ませるか否かは、ご両親が一読してから決めて頂きたいです。

気になる方は、前半部分のみ一緒に読みながら話してあげるのが良いのではないでしょうか。

 

男の子の心と身体の成長の方向やスピードが、自分とは違うことを知ることで、異性を嫌悪したり、近づき過ぎたりという極端な感情を抑えられるのかもしれませんね。

 

 

4. 子供が出来る仕組み、感染や避妊について

「女性が自分の身体を守るために知っておくべきこと」、遅かれ早かれしっかりと伝える必要のある内容です。

  • 付き合うとは、どういうことか
  • 子供ができる仕組み
  • 病気になるリスク
  • 若過ぎる妊娠のリスク

 

小学生には難しいかな?という点もありますが、理解できなくても言葉として知ることがスタート地点。

数年後に読み返して、自分事化できるようになった時に、再度理解を深めて欲しいと思います。

 

こう書くと、注意事項ばかりで硬い本かな?という印象を与えてしまうかもしれませんが、本筋は生命の誕生に必要な行為に対して、肯定的な内容です

素敵なことで、恥ずかしいことではない!と子供にも伝わるでしょう。

 




 

親が読んでみて・・・

小学生にそこまで?!と感じる内容もありましたが、いつか知るべきこと、早過ぎると考える必要はないのかもしれません。

 

親から伝えようとするとオブラートに包み過ぎてしまうことも、事実に即した流れではっきりと書かれています。

 

成熟しきっていない思春期突入前の年代だからこそ、しっかり踏み込めるのでしょう。

 

この種の話は、子供が心配なあまり、つい禁止事項ばかり言いたくなってしまいますよね。

体系立てて説明するのは難しいものです。

 

「13歳までに伝えたい女の子の心と体のこと」は、生理や身体の成長などについて、どうやって子供に話したら良いかな?と迷っているご両親の手助けになると思います。

 

オープンに話すのが何となく恥ずかしいと感じる方は、そっとプレゼントしてみるのも良いでしょう。

ちゃんと伝わるか心配な方は、コミュニケーションを取りながら一緒に読み進めてみてください。

 

もっと気軽に、生理について親から伝える内容の「補足」としても、とても参考にります。

 

家庭の方針や、子供の成長段階に合わせて活用していける本だと思います!