【クチコミ・レビュー】 RENPHOの体重計・体組成計はスマホ連動で便利!

RENPHO体重計レビュー

引っ越してから3年以上体重計のない暮らしをしていましたが、いよいよお腹周りが気になり始め、ダイエットを決意!数値で可視化しようと、体重計を購入することに。

体重だけ量れれば良いかな?と思っていたのですが、探してみると今はスマホ連動の便利な機能がついているんですね。

予算3,000円程度、スマホ連動機能のある体重計を探し「RENPHO」のモノを選びました。

 

 

2週間ほど使用してみて、非常に快適だったのでご紹介したいと思います。

RENPHOの体重計・体組成計のスペック

RENPHOとは

体重計、空気清浄機、マッサージ機、ガラスフードコンテナなどを製造する米メーカーです。

RENPHO公式サイト

 

RENPHO体重計の機能

  • USB充電式 :1回の充電で約3.5ヶ月
  • 電源自動オン/オフ :素足で乗るだけで測定開始、スマホへデータ転送
  • 最小表示 :0.05kg
  • 専用アプリ対応 :無料アプリ「RENPHO」へBluetooth経由でデータ自動転送&記録 (ユーザー無制限登録)Samsung Health、Fitbit、Apple health、Google healthと連動可能
  • サイズ :幅28×縦23×高さ2.5cmの小型&薄型
  • 保証期間 :1年間

 

RENPHO体重計の計測項目

  • 体重
  • BMI
  • 体脂肪率
  • 皮下脂肪
  • 内臓脂肪
  • 体内水分率
  • 骨格筋
  • 筋肉量
  • 推定骨量
  • タンパク質
  • 基礎代謝
  • 除脂肪体重
  • 体年齢

 

RENPHOアプリ

RENPHO

RENPHO
開発元:Joicom corporation
無料
posted withアプリーチ

無料でダウンロード、使用可能です。

アップルストアやGooglePlayで「renpho」と検索してもOK。
RENPHOアプリダウンロード画面

RENPHOの体重計・体組成計レビュー

RENPHO体重計が届きました

amazonで注文し、翌日届きました。薄い!という印象です。中国製の表記。
RENPHO体重計外包

外箱から出すと、シンプルな体重計が登場します。
RENPHO体重計 開包

内容は、以下の4点です。

  • 体重計本体
  • 充電用USBコード
  • 保証状
  • 取扱説明書

RENPHO体重計 内容

「早速使おう」と思ったら、充電されていませんでした。まずは充電が必要です

充電用のUSBケーブルは付属されていますが、充電器(コンセント)部分は手持ちのモノを使います。

 

コードを接続すれば、すぐに使える状態に。

キュウ

充電しながらでも計測できるので、未充電で到着しても、待ちストレスはありません。

 

 

計測にかかる時間

体重の計測だけなら→約5秒

スマホに体重以外のデータも送るなら→プラス5秒(合計10秒)

 

体重の計測はあっという間。

一旦体重が表示された後、計器が点滅モードになり、再度体重が表示されたら「体重以外のデータ」の計測が完了です。

体重計にスイッチはありません。自動オンオフなので、素足で乗れば計測開始です

 

 

スマホ連動方法

スマートフォンとはBlootoothで接続します。Blootooth設定をオフにしている場合は、ONにしてから使用しましょう。
RENPHOアプリ

はじめての場合、「RENPHOに登録」を押すと、基本情報入力画面が出てきます。

  • 性別
  • 年齢
  • 身長

 

この情報が体脂肪、筋肉量、BMIを含む体組成の計算に用いられるので、正確に入力します。

renpho個人情報登録画面

 

これで準備完了です。

あとは、スマホをBlootoothの接続範囲内に置いて体重計に乗るだけ。1mくらい離れて乗っていますが問題ありません。

アプリを起動しなくても自動的にデータが保存されます。

renpho記録画面

注意
体重計の計器の点滅が終了する前に体重計を降りると、スマホにデータを保存できません。点滅が終わり、再度体重が表示されるまでしっかり待ちましょう!

 

 

計測結果を見てみよう

日々計測を続けると・・・

アプリ下部の「トレンド」というところから、推移を見ることができます。
renphoアプリレポート

キュウ

体重計を購入したのに、体重右肩上がり〜(泣)

現実を直視したので、張り切ってダイエット開始しようと思います。

 

トレンドレポート(推移)は、計測可能な項目全てでグラフ化されたデータをみることができるので、体重にとらわれ過ぎず、自分の体を客観的に見て、バランスよく痩せていきたいですね。

 

 

「RENPHOの体重計・体組成計」特徴まとめ

実際に使用してみた感想です。

  • シンプルなデザインがインテリアの邪魔にならない
  • アプリ連動が無料&簡単
  • 自動記録が便利→ズボラな私も計測忘れなし
  • 高性能なのにAmazonでは3,000円未満と低価格

 

キュウ

本気でダイエットを考えて購入した体重計、宝の持ち腐れにならないように活用していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です