都内で暮らす母子家庭、1年間の支出 いくらあれば暮らせる?

都内で暮らすシングルマザーの家計簿

シングルマザーになることを選んで、まず最初に心配するのは「お金」のことはないでしょうか?

私自身、正社員ではあるものの、給与が高いとは言えず、先行きを案じる日々です。

 

ただ、母子家庭になったらなったで何とかなるもの!

娘の教育にはお金をかけたいという私の願望も今の所かなっています。

 

親の援助などを得ず、都内で小6娘と2人暮らしのわたしが、1年を通してどの程度出費があったかをまとめます。これから母子家庭になるかもと考えている方の参考になれば幸いです!

 

2019年のシングルマザー家庭 支出内訳

都内で暮らす際、一番大きな出費となるのは「家賃」です。

我が家は離婚する際に、小学校を卒業するまで転校しないと娘と約束をしたので、家賃のバカ高いエリアに住み続けています(泣)

狭い1DKで家賃は管理費込みで14万円です。

家賃は収入の3割?理論を壊しまくっております。

 

今年は更新もあったので、年間を通しての出費で家賃が4割を占めました

 

母子家庭2019年間支出内訳割合

次いで、娘は中学受験をするので、教育費が飛び抜けています。

6年生ということもあり、授業料に加え、講習代も半端なかったです。

教育費の部分は、受験関連の出費のみを計上しているので、母子家庭で暮らす最低支出を知りたい場合は、この部分は不要と考えてください。

 

実際の金額に表したのが以下の図(年間支出合計額)です。

母子家庭2019年間支出内

家賃が186万円、教育費(中学受験費用)が126.4万円、次いで食費が37.6万円でした。

さらに、私関連(被服や美容院、外食費など)、娘関連(被服やプレゼント、学校に関わる費用)、光熱費と続きます。

 

 

家賃と教育費を除いた年間支出は、131.7万円です。月額約11万円となります。

光熱費、通信費、保険の合計が35万で月額約3万円なので、食費やその他に月額8万円使っている計算です。

必死に節約しているわけでもなく、服も買い、映画も見に行き・・・という暮らしです(今年は旅行はいっていません)。

結構使っていますよね笑 確実にもっと減らせる気が。

 

逆に言うと、11万円+家賃の月額があれば、親子2人で不自由なく暮らせるかなという印象です。

収入が少なければ、MAX月額5万円くらいの手当が貰えると思うので、家賃を抑えた家さえ探せれば、子どもが大きくなってフルタイムで働ければ、なんとかなると思います。

 

毎月変動のある流動費の月別支出です。

母子家庭の支出

食費が徐々に上がってます(泣)

この部分は、私の力量の至らぬ点です。2人暮らしなので、頑張れば3万円以内には抑えられずはず!と毎月思うのにこの有様です。

 

どこにお金をかけるかは家庭それぞれだと思いますが、抑えられるところは抑えて、楽しむところは楽しむ生活をしたいですね!

 

シングルマザーの収入

私は一応正社員ですが、リモートワークで在宅勤務のため、給与は高くありません。

離婚して、だいぶ病んで笑、人と会いたくない病になったので、この形で働けていることに感謝しかありません。

リモートだと、化粧品や服にかかる費用も抑えられます。

 

とはいえ、このまま今の企業にいられる保証もないので、ハンドメイドの販売もはじめました。

creemaに出品したり、直接オーダーを頂いたりで、現在月に1〜2万円の収入となっています。

 

さらに、いくつかブログを運営していて、こちらも月に1〜2万円の収入です。

 

多くはないですが、プラスの収入を得られるのは重要です!

 

正社員の給与+副収入+養育費 でなんとか回る我が家の家計ですが、これから副収入を増やし、貯蓄に回す分を確保していきたいと思っています。

 

アルバイトや正社員の仕事にとらわれず、子どもを育て上げるためにできることをやって行きましょう!

 

■我が家の家計管理に関する記事はこちら