コロナで入学式が出来ず!入学「内祝い」を送る時期は?

入学祝いの内祝い

娘は2020年4月に中学に入学しました。

学年的には「入学しました」なのですが、コロナウィルス感染症拡大の影響で、入学式の目処が立たずにいます。

 

娘は中学受験をしたので、「合格祝い」兼「入学祝い」を娘の祖父母や叔父叔母から頂きました。

入学式を終えたら、制服写真と一緒に「内祝い」のお返しをすれば良いかな〜と漠然と考えていましたが、入学式が無くなってしまったため、内祝いをどうすれば?と悩んでいます。

 

一般的に、入学のお祝いに対する「内祝い」は、いつ?どのぐらい?すればよいのか調べてみました。

 

入学祝いに「内祝い」は必要?

入学のお祝いは「子供」の進学に対するお祝い・援助を意味しており、子供が受け取るものです。

子供が自分で「お返し」をすることはできないので、「内祝い」は不要とも言われています。

 

ただし、近年では「内祝い」という堅苦しいものではなく、頂いたものに対するお礼という意味で「お返し」をする方が多いのも実情です。

 

注意
内祝いをするか否かは地域の風習によって異なるので、地域の事情に詳しい方に聴いてみるのが◎

 

内祝いを送るかどうかは別に、子ども自身が「ありがとう」の手紙を書いたり、成長した姿を写真に収めて贈るなど、感謝の意は伝えたいですね!

 

 

入学祝いの「内祝い」時期は?

入学祝いへのお礼は、「入学式が終わってから」が一般的。

「無事に入学しましたよ」をお知らせする意味もあるそうです。

 

あまり遅くなるのも失礼なので、入学式を終えてから1ヶ月以内を目安としましょう。

 

気をつけて!
お祝いを頂いた際に、直接お礼が言えない場合は、内祝いの品とは別に、頂いた直後に電話や手紙で謝意を伝えましょう

 




 

コロナ年の「内祝い」は結局どうするか

さて、入学式から1ヶ月以内にお礼の気持を贈るべきなのは分かりましたが、4月も終わろうとしているのに、2020年は「入学式」が終わっていません。

とは言え、オンライン授業も始まり、娘の中学生ライフは始まっています。

 

もう一つ問題なのが、緊急事態宣言が出て、デパートが休業中のため、内祝いに適したお菓子の詰め合わせなどを実際に見ながら選ぶことが出来ません。

もちろんオンラインで購入しても良いのですが、やはり手紙も同封したいので一度自宅に注文し、再度発送するという2度手間に。

 

困りました!

 

 

我が家がお祝いを頂いたのは、近い親族なので、入学式を出来ていないことは承知です。

ここまで来たら、やはり制服を着て通い始めたタイミングで「無事に通い始めました」の手紙を添えて、お礼をお送りしようと思います。

 

 

今考えている「内祝い」の内容

内祝いを「お金」で頂いた場合は、入学や進学に必要なものを揃える準備金の意味もあるようなので、高額を頂いた際に半額返しをすると、かえって失礼になることも。

品物を頂いた場合には、3割〜半額が相場となるようです。

 

ここからはマナーではなく、私の考えです。

1万円頂いた方へ(主に娘の叔父叔母。若い世代)

お菓子1,500円分+Amazonギフト券3,000円

 

1万円以上頂いた方へ(主に娘の祖父母。60代以上)

お菓子3,000円分+ギフトカタログ5,000円

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DC-B (ドライケーキ/15袋入)
価格:3024円(税込、送料別) (2020/4/25時点)

楽天で購入

 

 

おめでたい入学。お祝いした方も、して頂いた方もお互いに喜びを分かち合えるよう、気持ちよくギフトのやり取りをしたいですね!