【中学受験】学校見学、どのレベルの学校を見に行くべき?

中学受験学校見学

中学受験まで残り2ヶ月となりました。

1月受験を考えたら、もう2ヶ月ありません。

 

夏休み明けてから受験まで第一志望校めざして一直線!と言いたいところですが

我が家では志望校に関して、ここ1~2ヶ月で一悶着ありました。

 

その原因は「5年生のうちに、特定偏差値レベルの学校しか見に行かなかったこと」にあると思っています。

 

来年以降受験を考える方には、ぜひ色々な学校を見に行っておいてほしいという思いから記録に残しておきます。

 

偏差値は関係ない!上位校も一度は見に行っておくべき

受験勉強

文化祭やオープンキャンパス、説明会など学校見学をできる機会は複数あります。

志望校があるとモチベーションも上がるので、なるべく早く志望校を決めたくなりますよね。

 

4年生の時は、いまいち子供の学力がわからず、見学には行かなかった我が家。

5年生の春〜秋にかけて、なんとなく成績も分かってきたので4~5年生当時の実力に見合う、通学圏内の学校を見に行きました。

 

土曜日は塾の授業もあり、見に行ったのは6~7校です。

どこも素敵な学校でした。

娘も5年生当時の成績では届くか届かないレベルのA校をとても気に入り、第一志望に。

 

親としても、このA校に行けたら良いかな〜と思っていました。

 

 

そして・・・6年生になり、なんと娘の成績が上がりました^^;

中学受験成績推移

4科目の偏差値推移です。

5年生のうちに見学に行ったのは、ちょうど紫の範囲内の学校。

もちろん第一志望校にしていたA校もこの範囲内です。

 

 

ここで、欲張り心が出てしまうのが親心

もう少しレベルの高い学校にも行けるんじゃない?と。

↑のグラフの縦1マスの偏差値が5なので・・・もう5UPくらいしたくなりませんか笑?

 

大学進学実績が全てではないし、偏差値が全てではないのは承知していますが、少しでも良い学習環境をと思いますよね。

 

最近頑張ってるね!成績あがってきたし、もう少しレベルの高い学校受けてみたら?
A校に行きたいの!他は興味ない〜

 

意外と子供は頑固です(笑)

一度決めたら譲りません。

 

何とか説得して時間を作り、6年の10月に新たに2校見に行きましたが、娘の心は変わりませんでした。

もうA校での中学生活を夢見すぎてしまっていたのです。1年以上恋い焦がれているので、急に気持ちを変えろというのは無理でした。

 

まだ見栄を張る年頃でもないので、より高い偏差値の学校に!とも思わないようです。

 

 

もちろんA校だって、合格する保証もありませんが・・・ん〜!!!(言葉にならない親の叫び)

 

 

もし5年生のうちに、上位校と言われる学校も見に行っていたら、何か変わっていたのか?!と思わずにはいられません。

 

 

5年生までの成績と、6年生になってからの成績、上がるかもしれないし、下がるかもしれません。

子供の将来の可能性を狭めないためにも

幅広い範囲で学校見学に行き、それぞれのレベルの学校でお気に入りを見つけておく

ことが重要だと痛感しました。

 

可能性を信じて、ぜひ上位校も見学に行っておきましょう!もちろん逆も笑

 

我が家はもうここまで来たら、A校めざして突っ走ってもらいたいと思います!

 




 

 

 

学校見学で気をつけたいポイント

中学受験勉強

娘は、何よりも「図書室の雰囲気」を重視しています。

オープンキャンパスや文化祭でも、まずは図書室へ直行です。

 

しかし!行事で、図書室を公開していない学校もあります。

残念ながら、その時点で娘の候補からは自然と外れてしまうのです。

 

学校見学に行く際には、「図書館を見学できる日」をきちんと確認しておくことがマストでした。

 

部活や教室、校庭校舎、生徒・先生の雰囲気、それぞれ志望する理由、気に入る要素はあると思いますが、子供のコダワリをうまく汲み取り、行きたい!と思える場所をいかに見せるかが重要です。

 

子供が気に入った学校があれば、何が気に入ったのかをうまく聞き出し、その点が優れている他の学校を見せに行くのが良いと思います。

 

 

子供が多感な6年間を過ごす学校、本人が気に入っていることが一番のモチベーションになるはずです。

親子ともども、ここだ!と言える学校に出会えますように。